フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

シンガポール入港

緯度:N 1度 16分

経度:E 103度 49分

天気:くもり

気温:28.0度

速度:0ノット


海域:南シナ海

寄港地:シンガポール

早朝5時半、目ざまし時計がなるのと同時にエンジン音が接近してきた。パイロットが乗船したのだ。急いで11デッキに出てみると、日の出が7時2分なので周囲はまだ夜景。水平線上にコンビナートや陸地の灯りがきらめいている。
5時50分、前方にクルーズセンターと岸壁が見えてきた。岸壁に停泊している客船はオーシャンドリーム号、ピースボートである。
6時30分ころ岸壁に接近した飛鳥Ⅱは、大きく方向転換してから、バックで出船右舷づけで着岸した。
写真の左手上に小さく、動き出したゴンドラが写っている。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP