フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

オルゴールの音色

緯度:S 2度 17分

経度:W 5度 31分

天気:晴れ

気温:30.0度

速度:14.8ノット


海域:南大西洋

寄港地:航海中

気温が30度で蒸し暑くなってきた。今夜、飛鳥Ⅱは赤道を通過する。
アフリカモードに染まっている船内に、4月30日からそれとは別の音色が時々流れてくるようになった。
甘やかで透き通った、妙に懐かしいその音色は、オルゴール。パームコートのティータイムで、ハリウッドシアターで、さまざまなメロディーを奏でて、耳を傾ける人を癒しの空間に誘うのは、船内のショップ「ラ・ステッラ」で販売中のオルゴール。
写真「ラ・ステッラ」店内、手前大きな専用キャビネット付きのオルゴールは、アメリカPORTER社のオルゴール。他にスイスのREUGE社が、フランスのバカラ社とコラボした世界限定99台のクリスタルガラスのオルゴールや、1200本の繊細なピンを72の音階を持つ櫛歯が弾く、日本国内限定100台のブルーボックスオルゴールなどが販売されている。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP