フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

ダカール入港

緯度:N 14度 4分

経度:W 17度 26分

天気:晴れ

気温:26.0度

速度:0ノット


海域:北大西洋

寄港地:ダカール

午前7時、飛鳥Ⅱは予定通りアフリカ西端の国セネガル共和国のダカール港ピア22に着岸。岸壁では、現地の民族楽器バンドと女性達が歓迎のダンスを披露してくれた。朝の気温は21度で快適だが、猛暑になりそうだ。
8時ころから下船が可能になった。岸壁にはすでに土産物屋がお店をひろげている。セネガル共和国の公用語は、フランス語だが、現地で通用するのはウォロフ語。というので昨日、ダカール港で下船するゲストエンターテイナー「ンディガル・リズム」のメンバーによるウォロフ語教室が、開かれた。
おはよう、こんにちは、こんばんは = サラマリィ クム
元気ですか? = ナンガ デフ?
元気です = マンギ フィレク
それは高いです = ロール シェール ナ
値引きしてください=ワンニ コ
「強気で、提示された値段の三分の一くらいの数字を言うこと。どうせ半分に値引きしますから、頑張ってください」という助言まで受けた。
写真は、オプショナルツアーから帰って来てから撮影した岸壁の様子。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP