フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

バオバブの木

緯度:N 14度 4分

経度:W 17度 26分

天気:晴れ

気温:26.0度

速度:0ノット


海域:北大西洋

寄港地:ダカール

私達が参加したオプショナルツアーは「バンディア動物公園サファリドライブ」。
ダカールから南東に約65km、バスで約1時間半の距離にある。道路は車が非常に多い。少し郊外に行くと、馬の引く荷車が多く目につく。道路の中央帯にバナナやピーナッツ、オレンジ、新聞などの物売りが立っている。大勢の人が群がっている市場が次から次へと現れる。西瓜や柑橘類の果実が山と積まれ、他に肉屋、床屋、洋品店、ほとんどが屋台で商品がむきだしのまま。
人家が途絶え始めると、バオバブの木が目立つ。マダガスカル島のバオバブの木のイメージがあるので、写真で見たセネガルのバオバブは奇妙な木という印象しかなかったが、実際に見ると強烈。ナミビア砂漠のような赤い砂地に巨大な幹と奇妙に捻じれてひろがった枝々。圧倒的な存在感。
写真は公園入り口のバオバブの木。巨大なタイヤを持つサファリカーと比べるとその巨大さが分かる。
公園内には樹齢1000年になるという、さらに巨大で荘厳としかいいようのないバオバブの木がたくさんある。バオバブの木が大好きになった。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP