フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

BLACK STARLING (ハゴロモカラス)

緯度:N 14度 4分

経度:W 17度 26分

天気:晴れ

気温:26.0度

速度:0ノット


海域:北大西洋

寄港地:ダカール

動物公園には動物の他に約120種の野鳥がいる。英語を話す現地のガイドがブルーバードと言う色鮮やかな青い羽の小鳥や、黄色い羽の鳥などを見かけた。2羽とも撮影できたが、赤い長い嘴と白黒のまだら模様の羽がモダンでおしゃれな赤色サイチョウは、二度しか見かけず、いずれも木の陰にいるか、飛び去るところで、写真に撮れず残念。
カラスによく似た黒い小鳥がいて、ガイドがブラックバードと呼ぶこの鳥は、飛ぶと羽が青い蛍光色を放って非常に美しい。事前に配布された印刷物によると、BLACK STARLING(ハゴロモカラス)という。写真がその鳥。木の枝にとまって、ちょっと羽を広げかけたところで、羽が青色をしているのが、少し見える。
帰りのバスでは、大好きになったバオバブの木の見納めと、目を皿のようにして窓にへばりついていた。
セネガルの若い女性は、はっとするほどきれいな人が多い。うらやましいほどすらりとした長身で姿勢がよく、漆黒の肌を引き立てる、計算されたお洒落をしていて見事だった。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP