フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

雲海とピトン・デ・ネージュ

緯度:S 20度 56分

経度:E 55度 19分

天気:晴れ

気温:31.0度

速度:0ノット


海域:インド洋

寄港地:サンドニ(レユニオン)

こんな高所にも町があると驚くうちに、雲の中に入ってあたりは白い霧雨状態になった。牧場があり、そのあたりから人家が消え、急カーブ続きの道路の周囲は、熱帯雨林のような植物に、ところどころ咲き乱れた花たちが入り混じる。
島で目につくのは盛りを過ぎた紫陽花。アサガオや蘭の花もあり、道路周辺は洗練された美しさで、定期的な手入れがされているようだ。やがて雲が切れて、雲海の向こうに最高峰のピトン・デ・ネージュ(写真)が見えた。
標高2,000mの牛の鼻展望台に達したところでバスから降りる。眺望の凄さ、その険しさは言葉で表現できない。スイスや日本アルプスとも違う独特の景観。見ているうちに白い雲が流れてきて眺望を覆い始め、虹が出た。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP