フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

クバ・カブニク コンサート

緯度:N 13度 33分

経度:E 80度 32分

天気:晴れ

気温:28.0度

速度:14.0ノット


海域:カリブ海

寄港地:航海中

午後6時からは、「クバ・カブニク コンサート」。ASUKA DAILYには「どんな楽器も自由自在に弾きこなす“マルチインストゥルメンタリスト”」とある。続いて「今夜はビブラフォンが中心」と「予測不可能な彼のステージ」の文字。これでは、見逃すわけにはいかない。
ポーランド出身、細身で長身のクバは、走って舞台に登場すると「ティコ ティコ」「ハンガリアンダンス」を軽快に演奏。ビブラフォンで様々な音色を出し、フラメンコギターそっくりに演奏したり、普通は2本のマレットを4本器用に使って演奏してみせた。また、南米チリ、南極ツアーの拠点ウシュワイアで購入したという小さなオルゴールの箱そっくりの不思議な楽器カリンバを演奏。
最後に出てきたのは、手で触れずに演奏するので有名なテルミン。なんとこれで、ビーチボーイズのヒット曲「グッドバイブレーション」を演奏した。さらに「オンリーユー」や映画「007」のテーマ曲などもテルミンで演奏。テルミンを完全に楽器として弾きこなしているのを生れて初めて見た、聴いた。驚きだった!

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP