フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

モンジュイックの丘

緯度:N 41度 21分

経度:E 2度 11分

天気:くもり

気温:18.0度

速度:0ノット


海域:地中海

寄港地:バルセロナ

バルセロナでは1888年と1929年と2回万博が開催されている。2回目の万博のときにつくられた「スペイン村」に行く。スペイン各地のその地方を代表する建物が再現されている。時代がかった建築物の雰囲気が素晴らしく、あちこちにレストランや可愛らしい小物や手工芸品などの土産物店があって楽しい。私達も小さなお店でマヨルカ島産の赤ワインを2本購入した。そこから「モンジュイックの丘」に向かう。
道路の両側に立ち並ぶマンションでは、バルコニーに、黄色地に四本の赤い線が入った旗がいくつも掲げられていて賑やかである。これはカタルーニャ地方の旗で、もう一種、四本線の上に白い星の入った青い三角模様があるのは、スペインからの独立を謳う旗で、これも数が多い。
11時半頃に「モンジュイックの丘」に着くと、小雨がパラパラ降って来た。港に停泊している飛鳥Ⅱはちょうど倉庫のような大きな建物の陰になって見えない。それではと、街の中心にサグラダファミリア教会の見える方へと移動する。写真の中央にサグラダファミリア教会が霞んで見える。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP