フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

ケープペンギン

緯度:S 33度 55分

経度:E 18度 26分

天気:晴れ

気温:22.0度

速度:0ノット


海域:南大西洋

寄港地:ケープタウン

飛鳥Ⅱは朝6時、ケープタウン港ダンカンドックに着岸した。日の出が7時17分なので周囲はまだ夜の闇がたちこめている。
朝7時からの入国審査と現地通貨ランドへの両替をすませ、午前9時ツアーに出発。今日は素晴らしい天気である。海岸沿いの道路をボルダーズ・ビーチに向かう。
切り立った崖に沿って曲がりくねる道路、青い海、白い砂浜、洒落た家々……南アフリカ、ケープタウンに関してアパルトヘイト以外に何の知識もなかった私たちは、その自然景観の美しさに圧倒されて言葉も出ない。レユニオン島と同じく、自転車でツーリングをしている若者の姿が多い。
1時間30分ほどで、ケープペンギンが生息するボルダーズ・ビーチに着く。ケープペンギンは、ジャッカスペンギンとも言われて、ジャッカスとはロバのこと。私達も実際に耳にしたが、鳴き声がロバのいななきにそっくりなのだ。アフリカ大陸にしか住んでおらず、寿命は12~3年だそう。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP