フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

喜望峰

緯度:S 33度 55分

経度:E 18度 26分

天気:晴れ

気温:22.0度

速度:0ノット


海域:南大西洋

寄港地:ケープタウン

すぐそばのヨットハーバーに面したレストランで昼食をとる。シーフードのトマトスープ(美味)と名物ロブスター(名物に美味いものなしというがそれを裏切るおいしさで、みなに大好評)、キャラメル味の濃厚なケーキ。
食後、喜望峰に向かう。ここにしかない原生植物が5,000種もあり、その一部が世界遺産になっている国立公園喜望峰自然保護区内を走り、猿やカモシカ、ダチョウなどを目撃。ポルトガル人バーソロミュー・ディアスが発見した喜望峰に到着した。ディアスは「嵐の岬」と命名したのだが、のちに「喜望峰」とされた。
かつてはここがアフリカ大陸最南端と思われていたが、実際はアガラス岬が最南端。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP