フォトエッセイ

Cruise:2014年アジアグランドクルーズ(55)

時刻改正

緯度:N 27度 27分

経度:E 125度 11分

天気:くもり

気温:16.0度

速度:15.9ノット


海域:日本近海

寄港地:終日航海日

船旅独特なことの一つに時刻改正があります。今クルーズ中にも何度か時刻改正をする機会がありました。
飛鳥IIではどのように時刻改正をしているのでしょうか。船内には至る所に時計があります。不思議に思いませんか?アナログ時計が多いのでスタッフの方々が順番に針を回してる、と思ってしまいそうですが、そんなことありませんでした。。。21世紀はボタン一つで時刻改正です。写真の左側が世界標準時間。右側が船内時間です。そして時刻改正する時は下のボタンをポチリと押すと一斉に船内の時計の針が変わるそうです。
ちなみにキャビンのテレビ時計は時差がある時と時差が無い時では画面が違うのをご存知でしたか?時差がない時は時計が一つ。時差がある時は現地時間と日本時間の2つの時計が表示されています。

著者紹介

朝比奈 雄太

1971年生まれ。静岡県出身。
高校卒業後、東京綜合写真専門学校に入学。 在学中より、フリーカメラマン藤尾真琴に師事。 1994年よりフリーランスのカメラマンとして独立。
出版社マガジンハウスより業務委託をうけ、雑誌写真を中心に活動範囲を広げている

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP