フォトエッセイ

Cruise:2017年アジアパシフィックグランドクルーズ(38)

光り輝く夜の植物園

緯度:N 1度 16分

経度:E 103度 52分

天気:晴れ

気温:30.0度

速度:-ノット


海域:シンガポール海峡

寄港地:シンガポール

大都会シンガポールでの2日目は、皆さん思い思いに過ごしたのではないでしょうか。ツアーに参加したり、お土産を探しに街に出たり……。筆者は日中、地下鉄に乗ってアラブ・ストリート方面に出掛けてみました。ブギス駅近くの露店が連なる中華街もあって、多くの人で賑わっていました(写真左下)。
また、一帯のランドマークでもあるサルタン・モスクは金色のドームが美しく、お昼時には大音量のアザーンが……。マレーシア料理の屋台で昼食を取り、流行りのスペシャルティコーヒー専門店ではアイスオレ。屋台から洗練されたレストラン&カフェまですべてが揃う、そんなシンガポールの魅力を満喫しました。
夜は特典ツアー「最先端の植物園 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」へ。巨大な植物を模したスーパーツリーグローブ(写真上)の音と光のショーが何とも幻想的。ふたつのドームに分かれて植えられた幾多の植物も見学できたし大満足です。そして日付が変わる午前0時、飛鳥IIはペナンに向けて出港しました。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP