郵船クルーズ株式会社/株式会社オーシャンホテルシステムズ

社員のキャリアパス

本岡 三知

本岡 三知

商品企画室 エンターテイメントチーム

■2008年4月 入社
■法学部法律学科 卒業

クルーズスタッフと打ち合わせ、いつも同じようなものにならないように工夫しています。

飛鳥Ⅱで働こうと思った理由

大学3年の夏に、郵船歴史博物館にいってみました。そこでは客船の歴史という企画展をやっていて、工夫をこらした船内の設備や、内装の美しさに驚きました。それらの展示を見て、目的地に向かう時間も楽しむことのできる船旅に魅力を感じ、商品の企画や船内のサービスを充実させる仕事に携わって、お客様に感動や楽しさを提供できる仕事をしてみたいと思いました。入社後予約管理チームに配属され、2010年4月に今の部署に異動しました。

仕事内容

エンターテイメントチームの業務は、大まかにいうと飛鳥II船内のショーやイベントの企画や後方支援です。具体的には、エンターテイナーの方の契約手続きや、プロフィール等データ管理、各種教室や体験講座などのイベントで使用する備品の発注、精算などです。お客様が楽しみにしてくださっているビンゴ大会やゲーム大会の賞品などは、クルーズスタッフと打ち合わせ、いつも同じようなものにならないように工夫しています。

本岡 三知

その他、お祭りのあるクルーズの備品や、クリスマスデコレーションの手配をするなど、本社にいても季節を感じることができるチームだと思います。
バレンタインデーや、父の日、母の日などに船上でお客様にお渡しするミニプレゼントを選ぶこともあり、実際のお客様の反応を目にすることはできませんが、アンケートなどで「うれしかった」という一言を目にすると私もとてもうれしい気持ちになります。

楽しかったこと・大変だったこと

船内の各種教室やイベントの企画では、世間ではどんなものが流行っているのかアンテナを高く伸ばしている必要があり、カルチャーセンターに行ってパンフレットを集めたり、書店では世代の異なる雑誌を広げたりして研究しています。船上でどのようなことができたらお客様に喜んでいただけるのかを考えながらも、自分自身の趣味も広がるようで楽しいです。
大変だったのは、入社して初めて、夏の繁忙期を迎えたときです。覚えなければならない業務もたくさんあり、電話での問い合わせにも答えなくてはいけない、メールもどんどんたまってしまう。優先順位を考えて効率よく仕事をする大切さに気づきました。

仕事が終わったあとの過ごし方

会社近辺で買い物をして帰ることが多いです。ウィンドーショッピングをするだけでも楽しい気分になれます。

休日の過ごし方

読書が好きなので、自宅でゆっくり本を読んで過ごしています。通勤時間がわりと長いので、週末に本屋さんに行って、通勤中に読む本をまとめ買いします。また、大学時代の友達と会って、近況報告をしたりもします。

学生のみなさんへのアドバイス

就職すると1日の大半を仕事をして過ごすことになるので、何か自分の好きなこと、興味を持てることが要素として含まれていないと、楽しんで仕事をできないと思います。学生のうちは、自分はどんなことをするのが好きなのか、どういうことを将来したいのかをゆっくり考えてみるといいと思います。旅行をしたり、本を読んだり、色々な体験をすることでやりたいことが見えてきます。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP