郵船クルーズ株式会社/株式会社オーシャンホテルシステムズ

採用 FAQ


採用について

Q.

採用試験は、どのような項目が実施されるのですか?

A.

定期採用の場合、筆記試験、適性検査に加えて複数回の面接があります。
キャリア採用の場合は、書類審査を経た後に、同様の試験を受けていただきます。

Q.

選考はどこで行われますか?

A.

原則、採用試験は本社(横浜ランドマークタワー)で実施いたします。
http://www.yokohama-landmark.jp/web/access/
定期採用の場合、筆記試験につきましては、日本各地で実施予定です。

Q.

応募の際の年齢制限はありますか?

A.

応募いただくに際して特に年齢制限は設けておりませんが、採用実績はこれまで概ね20代半ばから30代前半です。
定期採用につきましては、募集要項をご確認ください。

Q.

キャリア採用で募集される部門はどのような職種ですか?

A.

下記の職種では、欠員に応じて募集を行います。
アシスタントパーサー・クルーズスタッフ・ショップクラーク・F&Bサービス・調理(和食・洋食)
その他の職種につきましては、下記のページをご参照ください。
その他の専門職について

Q.

定期採用への応募を考えていますが、陸上社員と海上社員どちらにも興味があります。いつまでに決断が必要ですか?

A.

選考は同時に実施いたします。面接時にご希望を伺います。
最終的に内々定をご連絡する際に、どちらの会社(陸上または海上)での採用かを通知いたします。通知いたしました会社(陸上または海上)での採用でよいか、内定までにご決断いただくことになります。

陸上勤務について

Q.

転勤はありますか?

A.

転勤はありません。

Q.

出張はありますか? 乗船することはありますか?

A.

国内外問わず、部署によっては出張・乗船出張があり、1週間以上にわたる乗船の場合もあります。
乗船ではなくとも、船が港に停泊している際に、海上社員との打ち合わせや営業活動等で船に訪問(訪船)する機会もあります。

Q.

クルーズを企画するような仕事がしたいですが、配属される可能性はありますか?

A.

一口に「クルーズ企画」と言っても、多様な視点で企画しますので
ほとんどの部署が関わっていると言えます。
各部署の視点からアイデアをだし、クルーズを作り上げています。

海上勤務について

Q.

どのような勤務体系ですか?

A.

原則として、約4ヶ月の連続乗船、約2ヶ月の連続休暇です。
乗船中はシフト制です。
出入港時間は変動によって業務時間も変動します。
乗船中は「休憩時間」はありますが、「休日」はありません。
(その代わりに下船後まとめて休暇となります)

Q.

乗船中の休憩時間はどのように過ごすことができますか?

A.

勤務と勤務の間に休憩時間を挟むことが多いです。
港の停泊中に休憩時間が重なれば外出することも可能です。
寄港地のお土産を買ったり、名物を食べて楽しむ乗組員も多いです。
航行中や外出できない場合も、思い思いに過ごしています。
外デッキをジョギングしたり、自身で持ってきた映画や音楽の鑑賞、読書、同僚とのお茶タイム、など色々です。

Q.

休暇中はどのように過ごしていますか?

A.

約2ヶ月のお休みとなるので、長期旅行にいく海上社員は多いです。
短期留学や、ホームステイ、趣味に没頭する、など様々です。
普段は会えない友人との約束をたくさんいれて、あっという間に過ぎてしまう・・・ということもあるようです。

Q.

休暇中はどこに住んでいてもよいのでしょうか?

A.

日本国内であれば、どの場所に住んでも構いません。
乗下船の際の自宅往復交通費は会社負担です。
学生の間一人暮らしをしていた方は、入社後一旦実家に戻られることが多いです。

Q.

船内で携帯電話やインターネットは使用できますか?

A.

国内の場合、港での停泊中や陸地が見えるような沿岸では使用できることが多いです。
ただし、船は鋼鉄製のため電波が遮られることが多く、居室内での使用は難しいです。
その場合、乗組員用エリアの外デッキや窓付施設で使用できます。
海外では通信料も高額になりやすいので、無料wifiが使えるようなカフェを利用しています。
乗船中は、飛鳥II専用のemailアドレスを取得することができます。こちらは衛星回線を使用するため、航行中でも利用可能(無料)です。

Q.

船内の居住環境について教えてください。

A.

研修期間中は、二人部屋が基本となります。
その後は一人部屋になる場合もありますが、同部署・同世代で二人部屋となる期間も発生します。
居室には、ベッド・クローゼット・テレビ・冷蔵庫・ドライヤー・シャワー・洗面所・トイレが備え付けられています。
乗組員の共用スペースには、食堂・洗濯機/乾燥機・売店・図書室・ジム・バーがあります。

Q.

船酔いや乗船中に体調が悪くなった場合が心配です。

A.

船医が常駐しています。
乗組員は無料で受診が可能です。
船酔いは、個人差はありますが体が慣れて次第に症状が軽減されていく方も多いです。なお、船内には乗り物用酔い止め薬が常備されています。

Q.

乗船中にプライベートな事情で緊急的な要件が発生した場合に下船はできますか?

A.

基本的に私的な理由で船を離れることはできません。
ただし、やむを得ない事情によっては、責任者の許可がおりる場合もあります。

Q.

陸上勤務をすることはありますか?

A.

原則、オーシャンホテルシステムズの所属社員の勤務地は「飛鳥Ⅱ」船上のみです。
ただし、研修や短期的に本社業務のサポートをしていただく場合もあります。また、会社の方針によっては期間をきめて陸上勤務をする場合もあります。その場合は、郵船クルーズに出向していただくことになります。

Q.

結婚や、出産などのライフイベントとの両立は可能ですか?

A.

もちろん、勤務を続けることは可能ですが、なによりもパートナーの理解と協力が不可欠かと思います。

Q.

船上生活に向いている人はどういう人ですか?

A.

「船上生活」という視点では以下の4点です。

第一に体力のある方
約4ヶ月間、休日はありませんので、体力がない方は難しいでしょう。

第二に、どんな場所でも寝られる、食堂で提供される食事を好き嫌いなく食べられる方。
体力を維持するためにも大切です。

第三に共同生活が得意な方
乗組員だけでも約470名が共同生活をしています。共用で使用するものも多いですし、様々な場面でお互いに過ごしやすい環境を整える努力が苦にならない方、また、必要以上に神経質にならない方が向いています。

第四に手軽なストレス発散方法がある方
船内という閉鎖的な空間で生活をしますので、ストレスがたまった際にも、自分で船内の環境でも手軽にできる発散方法を持っている方は向いています。

陸上社員/海上社員 共通

Q.

配属先の希望は可能ですか?また、人事異動はありますか?

A.

定期採用の場合は、本人の適性等を判断しての配属となりますので必ずしも希望通りとならない場合もあります。
また、定期採用、キャリア採用問わず入社後も人事異動があります。ただし、専門職(運航部門・調理部門)については、原則異動はありません。

Q.

船舶の知識や資格はありませんが大丈夫でしょうか?

A.

運航要員(船を動かす部署)以外は、入社前に船舶関係の資格を取得いただく必要はありません。
入社後に、必要な資格や知識の勉強をしていただきます。

Q.

英語は使用しますか?

A.

9割以上は日本人、または日本語を話す外国籍のお客様です。何よりも大切なのは、適切な日本語を使うことです。
一方で、乗組員の多くは外国籍です。外国籍乗組員とのコミュニケーションでは、陸上/海上社員問わず英語を使用します。英語を母国語としない乗組員ばかりですので、流暢に話すというよりは、伝わることが大切です。
また、海外にも入港しますので、現地取引先との業務は英語が必要です。

Q.

家族を飛鳥IIに乗船させることはできますか?また、停泊中に船内に家族や友人を飛鳥IIに招くことはできますか?

A.

「飛鳥II」家族割引乗船制度がありますので、ご家族(本人を含む)は割引価格で乗船できます。
また、寄港地においても事前の申請許可がおりれば、ご家族・友人を招く(訪船)ことができます。

Q.

どのような研修がありますか?

A.

定期採用の場合、新入社員研修があります。キャリア採用の場合は、初乗船前研修を実施しています。
他にもビジネススキルの研修や職種や年次に応じた研修を開催しています。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP