クルーズ中の過ごし方

クルーズ中の過ごし方 快適な船旅にしていただくために…

安全で快適なクルーズのために、お気をつけいただきたい大切な事柄についてご案内いたします。

客室でご確認を

乗船証(お部屋の鍵)

客室のドアは、閉めると自動的に鍵がかかるようになっています。 客室を出る際、船から外出される際には乗船証を兼ねているお部屋の鍵を必ずご携帯ください。

お荷物 貴重品の保管

客室に届いている荷物が、ご自分のものであるかをお確かめください。 手荷物や現金・貴重品はご自身で管理をお願いします。現金・貴重品の保管には客室内セーフティボックスをご利用ください。

船内新聞『アスカデイリー』

『船内新聞アスカデイリー』は、お食事やドレスコード(服装指定)、イベントなど、クルーズ中のスケジュールを詳しくご案内する日刊の船内新聞です。クルーズ中毎日客室にお届けします。

『飛鳥Ⅱガイド』

デスクに備えつけの「飛鳥IIガイド」には、クルーズ中の過ごし方の情報が記載されていますので、ご一読ください。

《主な記載内容》
●船内施設のご案内 ●テレフォンガイド ●客室のご案内 ●ルームサービスのご案内 ●非常時の対応 など

クルーズ中のご案内・ご注意

寄港地で上陸・帰船確認

寄港地で上陸・帰船確認

寄港地で上陸される際には、乗船証(お部屋の鍵)を忘れずにお持ちください。 舷門(船の出入口)では、乗船証をコンピューターにかざして「上陸確認」・「帰船確認」 を行います。

帰船時にはお手回り品の検査も行います。上陸の際には、当日の『船内新聞アスカデイリー』や舷門に設置される案内板で最終帰船時刻と出港時刻をお確かめください。 定刻に出港いたしますので、最終帰船時刻までは必ずご帰船ください。

海外では時差に注意を

海外クルーズでは、帰船時刻や出港時刻を現地時間でお知らせします。 『船内新聞アスカデイリー』にて時差調整のご案内をいたしますので、必ずご確認ください。

船内で使用している現在時刻は、客室テレビでご確認いただけます。

海外では時差に注意を

安心のために

レセプション(5デッキ)

レセプション(5デッキ)

クルーズ中、ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。 また、客室からお電話でのお問い合わせにも対応いたしております(24時間オープン)。

診療室〈メディカルセンター〉(4デッキ)

診療室〈メディカルセンター〉(4デッキ)

診療時間内に診療をご希望の方は、直接診療室へお越しください。時間外で緊急の場合は、レセプションにご連絡ください。 ※当診療室は有料(自由診療)となっております。診療時間は、『船内新聞アスカデイリー』にてご案内します。 ※健康保険などの医療保険は適用外となります。 ※服用中のお薬をお持ちの方は受診の際に必ずご持参ください。 ※歯科治療は行っておりません。 ※診療室の設備および医療行為には限りがあり、病状によっては陸上病院を受診していただく場合はございます。

避難訓練には必ずご参加を

避難訓練には必ずご参加を

安全のため、「非常時におけるお客様の避難訓練」を実施しています。 国際条約に基づいて法で定められた訓練ですので必ずご参加ください。

※ワンナイトクルーズなど、クルーズの日程によっては実施されない場合もございます。

寄港地での訪船について

各寄港地で「飛鳥II」にご友人などを招く場合には、別途手続きが必要となりますので、乗船後お早めにレセプション (5デッキ)までお申し出ください。

訪船について

●国内クルーズでは寄港日の24時間前まで、海外クルーズでは、4日前までにお申し出ください。
●乗下船当日の訪船はお受けできません。
●錨泊する港での訪船はお受けできません。※海外での寄港地では保安上、訪船を受付けない港や訪船者ご自身による手続きが必要な港および当日手続に時間を要する港もございます。
●訪船される方は身分証明書(海外寄港地ではパスポート)をお持ちください。

外務省海外安全ホームページ 注意が必要な国や地域に関する渡航情報は、外務省の「海外安全ホームページ」をご確認ください。

外務省海外安全ホームページ

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP