フォトエッセイ

Cruise:2017年アジアパシフィックグランドクルーズ(38)

晴天の横浜出港

緯度:N 35度 27分

経度:E 139度 39分

天気:晴れ

気温:13.5度

速度:11.1ノット


海域:太平洋

寄港地:横浜

きょうは飛鳥II「アジア パシフィックグランドクルーズ」の出航日。幸い天候にも恵まれ、朝方の飛鳥IIはいささか橙色を帯びた冬の光に包まれて、横浜港大さん橋国際客船ターミナルに停泊していました。岸壁には見送りのご家族やお友達はもちろんのこと、過去に乗船された馴染みのお客様までもが集まって、大いに賑わっていました。
増山正己キャプテンによる挨拶、ブラスバンドの演奏などの出港セレモニーが桟橋上で行われたあと、飛鳥IIは色とりどりの紙テープが舞い飛ぶ中で、定刻通りの14時にゆっくりと岸壁を離れました。いよいよ、39日間に亘る太平洋の島々とアジア諸国への船旅が始まります。
デッキの上では岸壁に手を振るお客様の姿や、お客様同士が船上での再会を喜ぶ姿もあちらこちらに。たくさんの笑顔が楽しい旅路を予感させてくれています。船は横浜ベイブリッジをくぐり浦賀水道を進み、16時頃には東京湾外へ出ました。夕焼け色に染まる伊豆半島や伊豆大島が、とてもきれいに見えています。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP