チャータークルーズQ&A

クルーズに関するよくあるご質問についてまとめています。

質問一覧

Q1「飛鳥II」の乗客定員は何人ですか? また、参加人数が少ない場合、フル・チャーターでない形で利用することは可能ですか?
Q2チャーター料金にはどんなサービスが含まれますか?
Q3得意先のご招待旅行などに「飛鳥II」を利用する場合、部屋割りはどのように進めればよいですか?
Q4「飛鳥II」には参加者全員が一堂に会して表彰式などの式典を行う会場はありますか?
Q5船内の設備(パブリック・スペース)は、どの程度まで自由に使うことができるのでしょうか?
Q6航海中に陸上と連絡を取ることはできますか?
Q7船内での食事はどのようなスタイルですか?
Q8客室(キャビン)にあらかじめ置かれている備品にはどのようなものがありますか?
Q9クルーズの期間中、船酔いの心配は?
Q10「飛鳥II」でチャータークルーズをする場合、指定の旅行会社はあるのでしょうか?

Q1.「飛鳥II」の乗客定員は何人ですか? また、参加人数が少ない場合、フル・チャーターでない形で利用することは可能ですか?

A.

「飛鳥II」の客室は全部で400室あります。すべて2人部屋として利用するとして、800人が乗客定員となりますので、参加される人数がおよそ600 人を超える場合は、経済性・目的性から考えて全船チャーターでご利用することをお勧めいたします。人数が600名を割る場合や少人数の場合は、弊社であらかじめコース設定をしている一般クルーズのいずれかにグループ乗船という形でご参加いただけます。

Q2.チャーター料金にはどんなサービスが含まれますか?

A.

チャーター料金には下記のサービスが含まれます。
・船舶運賃、船中宿泊代、通常の港湾関係費用
・船内でのお食事(但し、「海彦」除く)
・飛鳥II標準のエンターテイメント費用

下記のサービスは別料金となります。
・船内でのアルコール及び一部ソフトドリンク
・「海彦」での飲食費
・ランドリー、マッサージ、エステ、美容室、診療室等のご利用代金
・ショッピングエリア、フォトショップでのお買い物代金
・電話、ファックス、インターネット等の通信費
・カジノコーナーでの遊戯費用
・その他乗船者の個人的支出に該当するもの

Q3.得意先のご招待旅行などに「飛鳥II」を利用する場合、部屋割りはどのように進めればよいですか?

A.

「飛鳥II」の客室構成は次の通りです。

S(ロイヤルスイート)客室 4室
A・C(スイート)客室 54室
D・E(バルコニー)客室 194室
F・K(ステート)客室 148室

※F・Kステートはバルコニーがありません。

D・E・F・K客室は面積、設備、仕様がほぼ同じつくりの為、この4カテゴリー客室(342室:684人)を中心に部屋割りされることをおすすめします。また、S・A・C客室(58室:116人)には、大切なお客様を割り当てるという事もできます。なお、フル・チャーターではなく、一般クルーズにグループでご参加の場合は、ご希望の部屋をお選びいただけます。(※一般クルーズにグループで乗るのは150名程度となります。)

Q4.「飛鳥II」には表彰式などの式典を行う会場はありますか?

A.

プラザ・デッキ(6デッキ)にある「ギャラクシーラウンジ(412席)」「ハリウッドシアター(260席)」が表彰式など式典の会場としてご利用いただけます。この「ギャラクシーラウンジ」は、照明、音響などの設備が完備しています。また、少人数のミーティングや研修会などには「クラブ2100(150席)」や「コンパス・ルーム(64席)」などをご利用いただくことも可能です。
800名の乗船は可能ですが、800名が一堂に会することのできる会場はございませんので、式典等を2回制とする必要がございます。

Q5.船内の設備(パブリック・スペース)は、どの程度まで自由に使うことができるのでしょうか?

A.

「飛鳥II」によるインセンティブ・クルーズの魅力は、一般クルーズと同様、多彩な楽しみの舞台となる船内設備(パブリックスペース)のご利用は料金に含んでいます。(有料施設など一部の施設は除く)船内営業施設は、関係法令にのっとって営業いたします。
なお、ご利用内容によっては制限のある場合もございますので、詳しい利用についてはご相談ください。

チャータークルーズお問い合わせ

Q6.航海中に陸上と連絡を取ることはできますか?

A.

「飛鳥II」には、通常の船舶電話や衛星使用のインマルサット、ファクシミリが設置されていますので、陸上との連絡は24時間取ることが可能です。 ※外国の寄港地では、その国の通信法により一部制約を受ける場合があります。
又、コンピュータープラザ内の専用パソコンにて、ご乗船中のみ有効のアドレスを利用したEメールの送受信ができます。(有料) ※お客様お持込端末はご利用になれません。詳しくは「インターネット飛鳥IIメールサービス」をご覧下さい。

Q7.船内での食事はどのようなスタイルですか?

A.

「飛鳥II」には「フォーシーズン・ダイニングルーム」というメイン・ダイニングと11デッキにビュッフェ形式のレストラン「リドカフェ&リドガーデン」という2つのレストランがあります。朝食、昼食の際はメイン・ダイニングでは和食、「リドカフェ」では洋食ビュッフェをご用意しております。夕食はメイン・ダイニングにてフランス料理を中心としたフルコースを召し上がっていただきます。また、夜食として、うどん・そば等の麺類、点心類、サラダ、フルーツなどをビュッフェ形式でご用意しております。
又、Sロイヤルスイート・Aアスカスイートをご利用のお客様専用のプレミアダイニングプレゴもご用意しております。
落ち着いた雰囲気で特別なディナータイムをお楽しみ頂けます。

Q8.客室(キャビン)にあらかじめ置かれている備品にはどのようなものがありますか?

A.

「飛鳥II」の客室には、以下のものが用意されています。
・浴室…バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、シャンプー、リンス、石鹸、歯磨きセット、ひげそり、くし、シャワーキャップなど
・クローゼット…室内用スリッパ、ハンガー、洋服ブラシ、靴クリーナー、消臭スプレー
・冷蔵庫…氷、ミネラルウォーター、緑茶、ジュース(カテゴリーにより内容は異なります)
・その他…ドライヤー、湯沸器、ティーバッグ、湯呑み、コップ
 (寝まき、化粧品などは置いておりません。日頃ご愛用のものをお持ちください。)
さらに、客室には衛星放送や船内ビデオ放送が楽しめるTV、外線通話が可能な船内電話が備え付けられています。
また、100V/60Hzの電源コンセントがありますので、日常お使いになられている電気製品はそのままご使用になれます。 (ただし、アイロン、電気ヒーター、電気コンロ、電気毛布、ホットカーペット、備え付け以外のヘアドライヤーなど熱を発する機器は不具合が発生する可能性があり、また火災防止のためにも、お持込、ご使用はご遠慮ください。)

Q9.クルーズの期間中、船酔いの心配は?

A.

「飛鳥II」はフィン・スタビラザー(横揺れ防止装置)の設置や揺れの少ない船体中央部に客室を集中させるなど、振動や揺れを最小限に抑える工夫がされています。万一に備えてレセプションには船酔い止めの薬も常備しています。また、診療室には医師と看護士がおり、緊急時には対応させていただきます。

Q10.「飛鳥II」でチャータークルーズをする場合、指定の旅行会社はあるのでしょうか?

A.

特に指定の旅行会社はありません。「飛鳥II」でのクルーズ前後にホテルや飛行機などの手配、パスポートやビザの手続きなどで旅行会社が必要な場合は普段ご利用の旅行会社をご利用ください。また、取引旅行会社がない場合は、ご相談下さい。

チャータークルーズお問い合わせ

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP