フォトエッセイ

Cruise:2015年世界一周クルーズ(104)

クジラの潮吹き

緯度:N 6度 26分

経度:E 79度 5分

天気:晴れ

気温:30.5度

速度:17.2ノット


海域:インド洋

寄港地:終日航海日

朝、部屋でシャワーを浴びていたら、前方でクジラが潮を吹いているとアナウンスがありました。慌ててデッキに飛び出すと、かなり遠くの方でクジラが潮を吹いているのが見えます。朝食を食べている間にも、皆さんから「見えた!見えた!」と声が上がっていたので、かなり大きな群れだったのでしょう。飛鳥Ⅱには、横揺れを防止するため、飛行機の翼のような形をしたフィンスタビライザーが付いているのですが、この時は、クジラに傷をつけないようフィンスタビライザーを格納して航行しました。ちょうどセイロン島の南を通過中の出来事です。
夕食の後は、ギャラクシーラウンジで曹雪晶さんによる二回目の二胡の演奏会が行われました。相変わらず素晴らしい演奏で、エンディングに「涙そうそう~花~島唄」といった沖縄の名曲がメドレーで披露されると、会場全体が琉球の世界へ誘われます。その後、パームコートで大萩康司さんによるクラシックギターのソロコンサートも開かれ、情熱的で甘いギターの調べとともに、夢のような一夜を過ごすことが出来ました。

著者紹介

大木 信哉

東京都江東区出身
1980年代より、インドネシアのバリ島をはじめ、アジア各地で人々の生活や文化などをテーマに撮影取材を続けている。
2012年には、写真展『心のキューバ』を、東京、大阪、福岡、名古屋の四都市で開催。
活動の場はアジアだけにとどまらず、ラテンアメリカにも広がっている。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP