フォトエッセイ

Cruise:2014年世界一周クルーズ(112)

教室の風景

緯度:S 34度 47分

経度:E 22度 4分

天気:曇り

気温:19.0度

速度:17.1ノット


海域:インド洋

寄港地:終日航海日

日本を離れて約1か月、ケープタウン入港を明日に控えた船上では、区間乗船講師がすべての教室を終えてひとつの区切りを迎えるものもあります。今日はそんなひとつ、小松藤夫先生の囲碁教室にお邪魔しました。
初級全15回の最終日のきょうも皆様楽しそうに盤を囲んでいます。囲碁用語でいう「切断と連絡」、味方の石を孤立させずに助けてあげることなどを教わりました。初めて囲碁に接したお客様も既に基本的なルールを身につけて、その楽しさに目覚めたようですね。
教えるだけでなく毎度の小咄も笑いを誘う小松先生の教室にふさわしく、最後の挨拶の後にはお客様から「アンコール!」の声。何を?というツッコミに一同大笑い。楽しくも少し寂しいこんな場面もまた、飛鳥IIの世界一周クルーズの魅力なのかもしれません。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP