フォトエッセイ

Cruise:2014年世界一周クルーズ(112)

ホノルル港へのアプローチ

緯度:N 21度 19分

経度:W 157度 52分

天気:晴れ

気温:29.0度

速度:7.3ノット


海域:北太平洋

寄港地:ホノルル

海原をゆく飛鳥IIはだいたいいつも時速19ノット、キロに直すと35キロ程度で航行しています。それがいわゆる全速力。サンフランシスコからほぼ全速力で航行してきた結果、うまい具合に余裕ができて、きょうは朝からハワイ諸島の間を抜けてゆく、帰国前最後の寄港地にふさわしいアプローチとなりました。
夜明け前からビッグアイランドを左に望み、マウイ島に昇る朝日を拝み、ラナイ島やモロカイ島を過ぎてオアフ島へ。昼過ぎにダイヤモンドヘッドを回り込むとワイキキビーチが見えてきました。
碧い海、起伏に富んだ山並み、湧き立つ雲。そして眩しく輝く船体……。ハワイ気分も最高潮です。皆さんここは慣れたものなのでしょう、「現地の友達と会うつもり」「息子夫婦が遊びにくるんだ」なんていう声も聞こえてきました。久しぶりのオーバーナイトの停泊を存分に楽しめたことと思います。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP