フォトエッセイ

Cruise:2014年世界一周クルーズ(112)

船上アンチエイジング

緯度:N 21度 57分

経度:W 164度 7分

天気:晴れ

気温:29.5度

速度:17.9ノット


海域:北太平洋

寄港地:終日航海日

ワールドクルーズの総仕上げに向かう船内は再び賑やかさを増しています。朝10時からの講演はお馴染みの脳科学者・茂木健一郎さんによる「ストレスなくアンチエイジングするための、脳の働かせ方」。
基本的な安全が保証された上での不確実性――つまりドキドキ感や冒険は、脳を活性化するのだそうです。だから快適な飛鳥IIでの世界一周は、脳科学からみてもアンチエイジングにつながるはず。そんな話を聞くと、ますます船旅でいろいろな新しい体験をしてみたくなります。
また、総集編を迎えたスロージョギング教室では脂肪燃焼のコツ20か条を教わってデッキで実践。これまで各国各地のエンターテイナーを迎えてきた晩のショーでは、和楽器演奏集団「温故知新」が登場。再び巡ってきた素晴らしい和の音色を耳にして、いよいよ世界一周達成だなあという感慨が心に湧いてきています。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP