フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

マンハッタンの夕景と夕食

緯度:N 40度 46分

経度:E 74度 0分

天気:晴れ

気温:24.0度

速度:0ノット


海域:北大西洋

寄港地:航海中

早めに飛鳥Ⅱに戻ったが、のんびりはしていられない。シャワーを浴びて着替え、午後5時55分、今度は「マンハッタン ナイトツアー」に出発である。
日本人ガイドの長友さんが「今日のニューヨークは異常なほど人が多いです」と言っていた。観光客が多いことに加えて、子供の旅行シーズンで、黄色いスクールバスが列をつくり、道路が渋滞している。ツアーバスは、中華街とイタリア人街をぬけ、ウイリアムズバーグ橋を渡ってブルックリン地区に入り、イースト川に面したレストラン「giando」に到着した。落ち着いた雰囲気のレストランである。
トマト味の野菜スープ、ステーキとロブスター、アイスクリーム、コーヒーの夕食を、マンハッタンに沈む夕陽を眺めながらいただく。素材の味がしっかり生きている繊細さのある料理で、苦手な肉がおいしく感じられた。
食後はトップ・オブ・ザ・ロックに行く。夜9時、昼よりも混雑している。小学校高学年から中学生くらいの子どもの団体と列を作って順番を待つ。70階に行き、夜の混雑に納得する。交響楽のような夜景だ。青木は撮影に夢中になる。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP