フォトエッセイ

Cruise:2017年アジアパシフィックグランドクルーズ(38)

長旅の総仕上げ、クルーショー

緯度:N 30度 21分

経度:E 130度 45分

天気:晴れ

気温:15度

速度:18.7ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

今航37日目のきょうは最後の終日航海日。明日には神戸に、明後日には横浜に着きます。長旅の総仕上げとも言うべきこの日のメインイベントは「クルーショー」に違いありません。飛鳥IIのオフィサーやクルーたちがステージで多彩な芸を披露してくれる、ロングクルーズならではの恒例行事です。
ショーは満員御礼で立ち見も出るほど。早着替え歌謡ショーや新入社員7名による踊りなどコミカルで楽しい出し物がある一方で、ホテル部男性陣によるボディスラップやプロダクションキャストとクルーズスタッフのペアによるダンスなど「どれほど練習したのだろうか」と思う圧巻のステージもありました。
すべての写真を載せられないのが残念ですが、写真上はオフィサー陣が即興で描く「飛鳥絵巻」が終わって増山キャプテンからの締めの挨拶、右下は誰もが毎日お世話になったハウスキーピング(客室係)の女性たちによる合唱。夕日も抜群にきれいだった、総仕上げにふさわしい終日航海日でした。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP