フォトエッセイ

Cruise:2017年アジアパシフィックグランドクルーズ(38)

友ヶ島水道を抜けて神戸港へ

緯度:N 34度 41分

経度:E 135度 11分

天気:晴れ

気温:10度

速度:15.6ノット


海域:太平洋

寄港地:神戸

午前9時より少し前に飛鳥IIは左舷に淡路島を、右舷に小さな沖ノ島(写真左下)を望みながら友ヶ島水道の狭い水路へと差しかかりました。周囲には多くの見慣れた形の日本の漁船が操業しています。一見広いだけかと思う海の景色にもやはりそれぞれ見覚えがあり、郷愁を覚えるものだと気づきます。
神戸入港はお昼時。プロムナードデッキには入港風景を見に、また出迎えのご家族やお友達に手を振るためにたくさんのお客様が集まっていました。レセプション前のアスカプラザでも神戸下船のお客様とお見送りのお客様が「楽しかったね」「また次の航海で」と挨拶を交わしていました。
その後は予定より30分ほど早い15時半頃に出航、18時前には再びの友ヶ島水道を後にしました。ちょうど夕日の時間と重なって、右舷に沈む夕日が島影に見え隠れながら船体を茜色に染めています。飛鳥IIは太平洋をさらに東進、明日の午後には母港の横浜港へと帰ります。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP