フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

フォーマルナイト

緯度:N 29度 43分

経度:E 137度 56分

天気:曇り

気温:14.0度

速度:18.5ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

きょうは日本を発って最初の終日航海日です。ようやく本格的なクルーズライフが始まった、という空気が船内には流れています。日中は囲碁やコントラクトブリッジなどの各種教室説明会が続き、さてこの船旅をどう過ごそうか、と皆さん思案しているようでした。
夜は今航海最初のフォーマルナイト。キャプテンズ・ウェルカム・パーティーがギャラクシーラウンジで華やかに行われました。これまた今航海で初めて船長として指揮を執る小久江キャプテンが満を持して壇上に現れ、開口一番「いやあ、やっと船長になれました」という一言で、客席の笑いを誘っていました。
副船長、機関長、ホテルマネージャーと次々に紹介する中で、キャプテンは「彼とはこの船で、そして彼とはあの船で」というふうに、多くが一度は同じ船に乗り組んだ縁だと教えてくれました。仲間への信頼と気遣いの伝わるそんな言葉に「新船長のお人柄が見えるようだね」と仰るお客さまがいたのも印象的でした。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP