フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

赤道通過祭

緯度:S 10度 14分

経度:E 151度 46分

天気:曇り

気温:27.0度

速度:19.0ノット


海域:赤道付近

寄港地:終日航海日

きょうは一日曇りがち。窓外に見え始めた島影はもっぱら霧に霞んでいました。だからかどうか日中の船内は終日航海日らしいゆったりとした空気に満ちていて、11デッキ前方のパームコートやビスタラウンジに居場所を見つけて静かにコーヒーを愉しむお客さまもいらっしゃいました。
とはいえ夜にはそんな空気も一変。船内中のお客さまたちが「赤道通過祭」を見るためにプールデッキに大集合。船乗りの世界では昔から赤道通過に際して道化芝居をする習慣があり、飛鳥IIでもそれに倣ってスタッフたちが海神ネプチューンや海賊に扮してお祭りをするのです。
お芝居では敵味方入り乱れる戦いの末、ついにキャプテンたちが海賊一味をやっつけました。最後は演者の誰もがプールにドボン! そんな愉快なスタッフ&クルーたち、そしてたくさんの素敵なお客さまを乗せた飛鳥IIは、立ちはだかるニューギニア島を回り込むように向きを変え、南東へ航路を取っています。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP