フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

日曜日の島で

緯度:S 17度 32分

経度:W 149度 34分

天気:晴れ

気温:32.0度

速度:0ノット


海域:-

寄港地:パペーテ

い

きょうは快晴、海も空も真っ青でした。ここタヒチは日曜日は大半のお店がお休みという絵に描いたようなのんびり気分の島ですが、飛鳥IIのお客さまには各種ツアーがありますし、パペーテ港周辺でも名産の黒真珠の店など10軒近くの土産店をオープンしてもらう特別待遇もあったので、どなたも楽しんでいたようです。
筆者は午前中の「パペーテ市内観光」に参加しました。市庁舎や大聖堂を車窓から望み、郊外に足を延ばしてタヒチ博物館へ。火山島や環礁の成り立ちから海洋民族の文化まで、たくさんの展示物が海辺の建物に飾られていました。博物館の売店にいた澄んだ瞳の女の子(左下)にカメラを向けるとはにかみながら笑顔を向けてくれました。
帰路には巨大なスーパーマーケットで自由行動1時間。ガイドさんが当地名物のココナツ石鹸やバニラティーなどを教えてくれて、お土産がたっぷり買えました。こんなツアーの締めくくり方もまた、いいものです。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP