フォトエッセイ

Cruise:2017年日本一周グランドクルーズ(36)

洞爺湖と有珠山半日観光

緯度:N 42度 59分

経度:E 144度 23分

天気:曇り

気温:12.5度

速度:-ノット


海域:太平洋

寄港地:室蘭

フォトエッセイ0612-01

昨夜はオーバーナイトの停泊で、飛鳥IIはきょうも室蘭港に接岸しています。きょうは午前中の「洞爺湖と有珠山半日観光」のツアーに出掛けてみました。朝方は曇りがちだったものの、バスが1時間ほどかけて洞爺湖についた頃には急に青空が広がって、湖面は澄んだブルーに輝いていました。

また、洞爺湖にほど近い有珠山ロープウェイでは、森の中に突如として岩山がそびえる活火山・昭和新山を眼下に望みながらの空中散歩。有珠山の山頂こそ霧に包まれていましたが、次第に天候は持ち直し、バスの車窓からは洞爺湖越しに残雪の羊蹄山も見えました。半日で北海道の雄大さを一気に体感できた気分です。

出航は午後5時。岸壁では「室蘭子ども踊り隊」の皆さんによるよさこいソーラン演舞があり、色とりどりの紙テープが風に舞い、そんな中で飛鳥IIはゆっくりと室蘭港を後にしました。ご覧の通り夕日も最高。沈みきる間際に一瞬緑色に輝く「グリーンフラッシュ」も見えましたが、皆さんご覧になれたでしょうか。

フォトエッセイ0612-02

フォトエッセイ0612-03

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP