フォトエッセイ

Cruise:2017年日本一周グランドクルーズ(36)

知床半島の自然を見に行く

緯度:N 44度 1分

経度:E 144度 17分

天気:晴れ

気温:14.5度

速度:-ノット


海域:オホーツク海

寄港地:網走

フォトエッセイ0617-01

きょう筆者が同行したのは知床1日観光。休憩を挟みつつバスで2時間ほど走って知床国立公園を目指します。「ただいま北海道名物の長い直線道路に入りました。6kmあります。けれど皆さま、写真は慌てなくても大丈夫。その次の直線は16kmでございます」。バスガイドさんの絶妙トークに車中は笑いが絶えません。

小麦や大麦、ビート、ジャガイモなど、車窓にひたすら畑が続く道をゆくと、やがて左はオホーツク海に。ひんやりとした空気と一面の霧に包まれて知床五湖の高架木道を歩き、お昼は知床ウトロ温泉の高台のホテルで美味しい海鮮ランチ。午後は海辺の谷間に流れる落差80mのオシンコシンの滝を見学しました。

また、小清水原生花園ではエゾキスゲ(写真左下)やクロユリなどの花々を鑑賞。バスガイドさんの「売店でジェラートを味わうならトマト味かアスパラ味がお勧めですよ」という言葉に魅かれてしまい、我が3号車では何とお客様の多くが「その両方をミックスで」注文する状況に。和気あいあいの、実に楽しい小旅行でした。

フォトエッセイ0617-02

フォトエッセイ0617-03

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP