フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

乗ればこそ、の話

緯度:N 29度 21分

経度:E 173度 29分

天気:曇り

気温:20.5度

速度:18.1ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

日付変更線を西へまたいだ船上では3月14日のホワイトデーが消滅し、きょうの日付は3月15日。こんな出来事はもちろんですが、飛鳥IIの船旅には、乗船者こそ知る楽しみがたくさんあります。
午前中に6デッキ後方で白熱していたのは「ディスカロタイム」(左下)。船内ではほぼ毎日こうしたゲームイベントがあって、参加したり大会で入賞する度にチケットが貰え、貯めた点数に応じてオリジナルグッズなどと交換できるのです。記念品交換期限が4日後に迫るいま、どなたもラストスパートに入っています。
また、日曜日の夜にだけクラブ・スターズで行われる「日曜の夜はしゃべらナイト」(上)も密かな人気。乗組員をゲストに迎えるカジュアルトークで、最終回の今晩は小久江キャプテンが登場して満員御礼。キャプテンが乗船前日に必ず食べる大好物が鳥の唐揚げニンニクソースだってこと、ご存知でしたか?

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP