フォトエッセイ

Cruise:2017年日本一周グランドクルーズ(36)

南台湾・高雄の街歩きとクチコミ情報

緯度:N 22度 37分

経度:E 120度 17分

天気:晴れ

気温:35.0度

速度:9.0ノット


海域:バシー海峡

寄港地:高雄

フォトエッセイ0704-01

飛鳥IIは今朝8時、コンテナ船などの貨物船がひしめく快晴の高雄港に着岸しました。昨日の澎湖(ポンフー)といいきょうの高雄といい、とにかく日差しが強くて暑いです。お客様同士が交わす言葉もおのずと「きょうも暑いからお気をつけて」になっています。そんな高雄では、筆者は予定を決めずシャトルバスで街に出ました。

旅の嗅覚を頼りに歩くと、ほどなくすれ違ったのは飛鳥IIのお客様。「マンゴーかき氷が美味しかったよ。しかもすごいボリューム」と笑顔で教えてくれました。さっそく筆者もお店を見つけて一番人気の芒果牛奶冰(マンゴーミルクかき氷)を注文。とろけるような甘さとひんやり感。ホントに美味しい、文句なしの絶品でした。

そしてそのすぐ近くには生鮮市場。熟れたマンゴーもいっぱい。なるほどマンゴーかき氷の老舗がここにあるのはそういう理由かと納得です。きょうはそんな下町エリアを散策し、さらには波止場の倉庫群を再開発したお洒落な一画へも行きました。もちろん、お客様に会う度に美味しいマンゴーかき氷の情報を伝えつつ(笑)。

フォトエッセイ0704-02

フォトエッセイ0704-03

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP