フォトエッセイ

Cruise:2017年日本一周グランドクルーズ(36)

35日間日本一周、ついに出発地の神戸へ

緯度:N 34度 41分

経度:E 135度 11分

天気:晴れ

気温:31.0度

速度:10.0ノット


海域:太平洋

寄港地:神戸

フォトエッセイ0711-01

朝6時には淡路島を左舷に見ながら友ヶ島水道の狭い航路に差しかかり、最初の出発港・神戸がいよいよ近づいてきました。35日間に渡る「2017年 日本一周グランドクルーズ」は、今朝9時の接岸でついに日本一周達成です。客室テレビが映し出す航路図の青い航跡が、ついに日本をぐるりと囲んで繋がりました。

日中は晴れたのに入港時だけ薄曇りだったのも、暑さ厳しい港が続いた身としては却ってありがたいもてなしに思えます。神戸市消防音楽隊の演奏が響くなか、出迎えのご家族でしょうか、「おかえり〜!」という大きな声が桟橋から聞こえます。7デッキ屋外にはそれを見つけて大喜びで手を振るお客様の姿がありました。

船内もまた、お見送りで賑やかでした。ここ数日は「あなたは次はいつ乗るの?」がお客様同士の挨拶代わりでしたが、きょうは「じゃあ次のオセアニアで」とか「次の世界一周で」といった言葉に変わっていました。神戸下船のお客様、ご自宅までもお気をつけて。ぜひまた飛鳥IIの船上でお会いしましょう。

フォトエッセイ0711-02

フォトエッセイ0711-03

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP