フォトエッセイ

Cruise:2018年世界一周クルーズ(81)

引き続き穏やかな海で

緯度:N 5度 37分

経度:E 85度 47分

天気:晴れ

気温:30.0度

速度:18.0ノット


海域:インド洋

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20180406-1

きのうのデッキディナーの最中に一瞬ぱらぱらと雨粒が落ちてきたほかは、ここのところずっと天気は晴れていて、海はずっと穏やかです。日中は真っ青な空、真っ青な海。日が傾けば海面は光を映して銀色に輝きます。屋外のプロムナードデッキに出ては、日課のウォーキングに勤しむお客様と「きれいな海ですね」と話しています。

当欄筆者の担当する写真教室の第1回も午前中に無事終わり、午後にはお客様向けに販売されるアルバムのためのクルーやスタッフの撮影をしました。レセプションなど各種事務をつかさどるパーサー、寄港地での観光ツアーを担当するエクスカーションチーム、甲板部。お客様と日々接するクルーだけでなく縁の下の力持ちもたくさんいて、この船は動いているのです。

デッキに出ると時々ペンキを塗ったり保守点検をするクルーを見かけるのもロングクルーズの日常です。100日以上に及ぶ世界一周では特に船は休みなく走り続けるわけで、改めて考えると毎日毎日、こんなに滑るように海をゆくのはすごいこと。そんなことを思いつつ、今宵はウーマン・オブ・ザ・ワールド(写真右下)の美声を堪能しました。

フォトエッセイ20180406-2

フォトエッセイ20180406-3

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP