フォトエッセイ

Cruise:2018年世界一周クルーズ(85)

波に遊ぶイルカ

緯度:N 38度 3分

経度:W 74度 21分

天気:

気温:20.0度

速度:12.3ノット


海域:北大西洋

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20180530-1

昨夜ニューヨークを後にして、中1日の終日航海日。昨日の朝と同様に、今朝もあたり一面が霧に包まれていました。9時半過ぎには右舷、そして続いて左舷にもイルカの群れが現れたとの放送が……。「近いところを泳いでいます」と聞いて真下を覗くと、いました、いました。慌ててカメラを手にして写したのが上の写真です。

いちクルーズ写真家の経験則に過ぎないですが、多くのイルカは舳先がつくる波で遊ぶ習性があると感じます。きっと小さな海面の波よりも、船が作る大波の山から飛んだほうが空中高くに飛び出せると知ってのことでしょう。そんなことを一瞬で思い出してレンズを向けたその先に、まさに2匹のイルカが飛びました。

1日の始まりからしてそんな風ですし、きょうも皆さん船上生活を堪能中。午前中には飯室はつえ先生によるセーラーズバレンタイン教室の説明を兼ねた講演(写真右下)などが、また晩には箏曲家・黒澤有美さんのコンサート(同左下)がありました。オリジナル曲や自ら編曲したというビヴァルディの『四季』等々、型にはまらない演奏が実に素敵でした。

フォトエッセイ20180530-2

フォトエッセイ20180530-3

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP