フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

洋上の夏を感じる「飛鳥祭り」

緯度:S 26度 28分

経度:E 168度 49分

天気:晴れ

気温:24.0度

速度:16.1ノット


海域:南太平洋

寄港地:終日航海日

冬の日本を後にして一気に赤道を越えた飛鳥IIの船上は、出航数日後から常夏です。それが今朝になって急に、吹く風が少しだけ涼しく感じられるようになりました。いまの南半球は夏ながら、ニュージーランドのオークランドへ向けて亜熱帯を後にしつつあるのだと実感できます。
そんなひと夏の思い出を名残惜しむかのような船上イベント「飛鳥祭り」が、きょう、夕暮れのプールサイドで開催されました。よさこい、竿燈、阿波おどり、ねぶた祭りの日本を代表するお祭りが一堂に会する催しで、はっぴや浴衣に身を包んだお客様でデッキの上は大賑わい。
増山キャプテン(写真右下、最前列右)をはじめクルーやスタッフたちもお祭り気分を大いに盛り上げてくれました。美声を披露したホテルマネージャーやコミカルな仮装で登場したクルーズコーディネーターももちろんですが、練習の成果を披露できたお客様の溢れる笑顔が何にも増して輝いて見えた晩でした。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP