フォトエッセイ

Cruise:2019年アジアグランドクルーズ(33)

船上を彩る食と音楽

緯度:N 9度 56分

経度:E 102度 32分

天気:晴れ

気温:29.2度

速度:14.4ノット


海域:南シナ海

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20190209-1

終日航海も3日目を数える本日、リドカフェ・リドガーデンのランチでは、坂井宏行シェフ監修のサバのスパイシークレープとバーベキューチキンが特別に振る舞われました。坂井シェフ自らがお客様ひとりひとりに盛り付けてくださる贅沢な特典付きで、「今日こそはリドでランチを」と楽しみにしていた方も多かったのではないでしょうか?

少し食べ過ぎたお腹をへこまそうと日課の船内散策に出かけると、カードルームで熱心にボードを囲むチェス教室を発見。一方で好天が続く屋外でのスポーツアクティビティももちろん健在。外から汗だくになって戻ってきたスタッフを見ていたら無性にアイスが食べたくなって、結局ダイエットのもくろみは失敗に終わりました。

レムチャバン寄港をいよいよ明日早朝に控え、連続航海最終日の夜を飾るのは石川綾子さんの「ジャンルのないヴァイオリンコンサート」。全身全霊といった言葉がぴったりの気迫あふれるパフォーマンスで、変幻自在に操るヴァイオリンの音色はまるで卓越したヴォーカリストの声を聴いているよう。石川さんの魅力が存分に詰まった圧巻の45分間でした。

フォトエッセイ20190209-2

フォトエッセイ20190209-3

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のバックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP