フォトエッセイ

Cruise:2019年ハワイ・アラスカ グランドクルーズ(40)

カナダが近づいてきた

緯度:N 46度 31分

経度:W 128度 14分

天気:曇り

気温:14.0度

速度:15.3ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

190621-1

朝から、どんよりした空と海の色です。デッキに出るにも寒くなってきました。今クルーズ、半袖(アロハシャツ)ダウンジャケット(アラスカ用)は持ってきたのですが、今日みたいに肌寒くて風の強い日に着るものを忘れてました。ちょっと船内のショップ「FLAP-FLAP」を覗いてみると、ありました。ウインドブレストパーカー、こちらはモンベルとのコラボレーション商品です。男性は2色展開、女性は3色展開だそうで、女性用のピンクはこの5月から発売になったと、接客してくれた本木さんが教えてくれました。これで明日、明後日の寄港地観光中も安心です。

今クルーズ、強く感じる事があります。皆さん、びっくりするくらいお元気なんです。毎日、朝のラジオ体操から夜のダンスまで身体を動かし、よく食べ、よく笑うからでしょうか。今夜の夜遊びはクラブ2100でディスコタイムでスタート!懐かしいアップテンポの曲に合わせて華麗にステップを踏みます。ディスコタイムの後はクラブスターズへ。ウィークエンドナイトトークと称してゲストエンターテイナーとトークをするイベントです。3回目となる今夜のゲストはカルテットヴォカーレのメンバーです。会場は満員で、最初から熱い質問コーナーでメンバーのユーモアあふれる回答に笑いが絶えません。間近でアーティストの素顔を垣間見ることのできる貴重な体験でした。

190621-2

190621-3

著者紹介

朝比奈 雄太

1971年生まれ。静岡県出身。
高校卒業後、東京綜合写真専門学校に入学。 在学中より、フリーカメラマン藤尾真琴に師事。 1994年よりフリーランスのカメラマンとして独立。
出版社マガジンハウスより業務委託をうけ、雑誌写真を中心に活動範囲を広げている。
撮影対象は人物、料理、旅行取材等、多岐にわたる。


伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP