フォトエッセイ

Cruise:2019年ハワイ・アラスカ グランドクルーズ(40)

五里霧中

緯度:N 59度 52分

経度:W 139度 39分

天気:

気温:15.0度

速度:17.2ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

190630-1

昨日、スキャグウェイを出港し再び終日航海日が始まりました。今日の見どころは何と言っても船上からのハバード氷河見学です。とても楽しみだったのですが、朝からずっと見渡すかぎり真っ白な深い霧。小久江船長が時間ギリギリまで付近の海で船を止めて天候の回復を待ってくれたのですが、残念ながら今回は断念することになりました。

船内は今日もイベント、教室が盛りだくさんです。午後のハリウッドシアターではゴルフ教室の井上浩助先生の講演会です。ゴルフ哲学「心を磨く」と題して、先生が心掛けていることを話してくださいました。「ゴルフはメンタルスポーツと云われます、置かれた状況を受け入れる。」先生の話を聞いて日々、そうありたいと思いました。

モンテカルロでは、第一回飛鳥Ⅱ杯ポーカーグランプリが開かれました。出場者は今日までに予選を勝ち抜いた精鋭12名プラス特別参戦の吉田アシスタントホテルマネージャーです。2つのテーブルに分かれてゲームスタートです。皆さん、勝利の女神を引き寄せようと、駆け引きや心理戦を仕掛けていきます。初代の栄冠を手にしたのは女性のお客様でした。

その後、コンパスルームを覗いてみると皆さん楽しそうに絵筆で何かに着色しています。こちらはテラコッタ教室、素焼きコースだそうです。先生は東京藝術大学卒の井田大介先生です。ご自身で粘土で形を作り、窯で素焼きした作品に今日は研磨や着色をして仕上げます。皆さん真剣に作業されて「時間を忘れるくらい集中しちゃうね」などと話していました。

190630-2

190630-2

著者紹介

朝比奈 雄太

1971年生まれ。静岡県出身。
高校卒業後、東京綜合写真専門学校に入学。 在学中より、フリーカメラマン藤尾真琴に師事。 1994年よりフリーランスのカメラマンとして独立。
出版社マガジンハウスより業務委託をうけ、雑誌写真を中心に活動範囲を広げている。
撮影対象は人物、料理、旅行取材等、多岐にわたる。


伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP