フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

先生たちのステージ

緯度:N 17度 30分

経度:W 121度 17分

天気:くもり

気温:24.0度

速度:18.2ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

南極南米クルーズも残す寄港地はホノルルひとつ。船内新聞『アスカデイリー』の中には今航の総仕上げを想わせるイベントも散見できるようになってきました。午後のパームコートで催された「門真帆ピアノタイム」(写真右下)や夕のギャラクシーラウンジの「山下昌美ダンスショー THE ENKA」(上)などがそれ。
普段は教室講師をしている先生が演者として本領を発揮する姿を見てつくづく思うのは、当たり前のことですが、「やはりプロは違う」ということです。流れるように心地よいピアノの響き。個性的でキレのあるダンスショー。お客様の親しみのこもった拍手に思わず心も温まります。
また、変わったところでは、きょうはフォーシーズン・ダイニングルームを会場にした「和菓子料理教室」(左下)も開催されました。亀屋万年堂の田中亜由美さんが桜餅の作り方を実演。明日はダイニングルーム前で和菓子作りのデモンストレーションもあるということで、筆者も今から楽しみにしています。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP