フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

「ロイ佐久間 ウクレレライブ」

緯度:N 19度 44分

経度:W 155度 3分

天気:晴れ

気温:27.4度

速度:0ノット


海域:北太平洋

寄港地:ヒロ

ロイ佐久間さんは、ウクレレの神様といわれるオオタサンに師事して、ウクレレで世界への扉を開きました。オアフ島で4箇所あるウクレレ教室では絶大な人気を誇っています。
ギターの伴奏者と一緒とはいえ、ウクレレ1丁でのコンサートです。ポップス、ロック、ジャズ、そして日本の歌まで見事に演奏します。夏の夜の一刻、楽しいコンサートでした。
キラウエア火山の溶岩流が流れるポイントをウクレレコンサートの終了時刻に通過する予定でしたが、残念ながら溶岩流は見られませんでした。
最近は流れるのが少なくなったようです。真っ暗な闇が広がるばかりですが、少し赤みが見えるところがありましたので、シャッターを切ってみました。デジタルで調整してみると、赤みが周囲の森や雲に結構反射していました。溶岩流の気配だけはキャッチすることが出来ました。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP