フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

神戸出港

緯度:N 34度 28分

経度:E 135度 6分

天気:晴れ

気温:13.0度

速度:15.7ノット


海域:日本近海

寄港地:神戸

昨夜は少し揺れたが、今日はいいお天気である。窓を開けると、青い海が広がっている。
海を眺めながらの朝食。パンとヨーグルト、果物、温野菜、そしてコーヒー。
午後1時45分、神戸入港着岸。30分まえから、スカイデッキで入港光景を眺める。陽射しが強く、昨日の真冬のような寒さから一転して、嘘のような暑さである。
神戸からの乗客を乗せて、午後5時、神戸出港。セイルアウェイパーティーがはじまるかなりまえから、7デッキは人で埋まって活況である。
岸壁でのセレモニーが終わると、バンド演奏がはじまり、ウェルカムドリンクが配られ、紙テープが配られ、銅鑼が鳴り響き、飛鳥オーケストラの演奏も加わって、お祭り騒ぎ。
スタッフの話によれば、岸壁に投げ込まれた紙テープはおよそ600個とのこと。『これですよ、これ。』という感じで顔と顔を見交わし、乗客のみなさん、それぞれの距離感もぐっと縮まって、飛鳥Ⅱはいよいよ日本をあとにする。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP