フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

落語 桂 文福

緯度:N 39度 8分

経度:W 25度 22分

天気:くもり

気温:14.5度

速度:14.8ノット


海域:北大西洋

寄港地:航海中

早朝2時にリスボンとボストンの時差調整のため、また時計を1時間遅らせた。
午前8時50分から始まる船長の放送中に「放送中ですが、前方でクジラが潮を吹くのが見えます」というので、バルコニーに出てみると、目の前でクジラが潮を吹いた。9時10分まで何度かクジラが潮を吹くのが見えた。
午前10時からは、マッシー村上氏の講演「大リーグの今昔と日米野球の違い」を聴く。そして、昼食にはサンマ―メンをいただいた。
午後1時45分、「前方から波が来ていて、船の揺れが激しくなってきたので、注意するように」とブリッジからの放送が流れた。
午後2時からは本格手打ちうどん「おか泉」岡田文明氏による、手打ちうどん教室がフォーシーズンダイニングルームで行われ、生じょうゆうどんの試食もあって、大盛況だった。
夜は桂文福の落語「大相撲見物」。文福師匠得意の相撲甚句と河内音頭が加わった賑やかな45分間。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP