フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

ギャレーツアー

緯度:S 16度 50分

経度:E 65度 26分

天気:晴れ

気温:29.0度

速度:14.9ノット


海域:インド洋

寄港地:航海中

飛鳥Ⅱの食事は、和食、洋食、和洋折衷、中華、イタリアンと多彩でおいしい。デザートも毎回工夫されていて楽しい。
そのせいかどうかわからないが、午後2時からの「ギャレーツアー(厨房見学)」には、ほとんど全員が参加したのではないかと思うほど、大勢の人がつめかけた。
瀧淳一総料理長のもと、ギャレーで働いているのは、日本人24名、フィリピン人51名、ルーマニア人2名。
頭に紙のキャップをかぶり、手を消毒して、フォーシーズンダイニングルーム奥の入り口からメインギャレーに入る。皿洗い場、食器置き場、ケーキやお菓子をつくるペストリー、その奥の鍋洗い場の手前を右に曲がり、洋食ホットセクションと和食ホットセクションの間を通り、冷たい料理をつくるガルデマンジェを左手に見て、和食セクション、もうひとつの食器置き場と皿洗い場を見て、外へ出るというツアー。
夕食の調理中を見たいところだが、それはできないので、整然とした厨房を見て想像するしかない。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP