フォトエッセイ

Cruise:2017年アジアパシフィックグランドクルーズ(38)

オリエンタルデッキディナー

緯度:N 2度 29分

経度:E 101度 37分

天気:晴れ

気温:28.5度

速度:14.2ノット


海域:マラッカ海峡

寄港地:終日航海日

昨日の深夜にシンガポールを発った飛鳥II。きょうはマラッカ海峡をペナンに向けて航行中です。周囲に貨物船やコンテナ船などたくさんの船を従えて進むこの海峡は海運の要衝であり、また水深が浅く水路の幅が限られるために、船の航行にも気を遣う海域のようです。
日中はずっとたくさんの船が近くに見えて、何だかそれだけでも楽しい気分になれました。そして夕方は待望のオリエンタルデッキディナー。オフィサー陣自らが鉄板で焼いてくれる魚介はもとより、ドラゴンフルーツや竜眼などのフルーツビュッフェなども盛況でした。
クルーズスタッフによる出し物、ゲストエンターテイナーの飛び入り演奏などもあってデッキディナーは盛りだくさん。多くのお客様が海風が頬を撫でるプールサイドで食事をして、華麗に踊り、楽しんでいらっしゃいました。午後7時半ごろの夕日がまたひときわ美しく、皆さん思わず見入っていました。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP