フォトエッセイ

Cruise:2017年アジアパシフィックグランドクルーズ(38)

書のライブパフォーマンス

緯度:N 17度 55分

経度:E 109度 22分

天気:晴れ

気温:23度

速度:13.2ノット


海域:東シナ海

寄港地:終日航海日

昨夕にダナンを出港した飛鳥IIは、ハロン湾に向けてベトナム沿岸を北上しています。波は穏やかですが、午前中は霧のかかった曇りがちの天候で景色は色を失い、水墨画のように見えました。そんな中で14時からギャラクシーラウンジで開催されたのが、紫舟さんの「書のライブパフォーマンス」(写真上)。
書家でありアーティストの紫舟さんは、日本の伝統文化である「書」をメディアアートや立体作品へと昇華させた個性的な作品で、皆さんご存知のことでしょう。今回は事前にお客様からお寄せ頂いたいくつもの願い事をひとつの作品にしたり、巨大な和紙に文字と絵が踊る大作に仕上げたり……。
そして乳白色の空に溶けてゆくかのような夕日のあとは、プールサイドでアジアンデッキディナー。肉料理や海鮮料理の数々、アジアのフルーツなどを、心地よい海風を浴びつつ味わいました。アジア各国チームに分かれて行ったクルーズスタッフによる出し物などもユニークで、楽しい終日航海日となりました。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP